精密な高分子設計に必要なもの

狙った平均分子量

分子量5,000の分子と分子量100,000の分子とでは全く別物です。

そのため、狙った平均分子量の高分子を得ることが重要です。

狭い分子量分布

平均分子量10,000と言っても、その中に分子量が5,000のものもや100,000のものが

多数混在していては、平均分子量10,000の性質が出現しません。

そのため、狭い分子量分布であることが重要です。

狙ったポリマー比

分子量5,000の分子Aと分子量10,000の分子Bからなるブロックポリマーを設計するとします。

その場合、いかにAとBの平均分子量の比を1対2に近づけられるかがポイントになります。