精密重合を評価する2つの指標

平均分子量とは

高分子の場合、分子の数のばらつきがあります。この平均を取ったものが平均分子量です。

そのため、狙った平均分子量の高分子を得ることが重要です。

平均分子量にはMw(重量平均分子量)とMn(数平均分子量)があります。

Mnが単純な分子1本あたりの分子量の平均、

Mwが高分子量のものを重視するようにした平均分子量です。

狙った高分子の分子の数を表す平均分子量はMnで表します。

分子量分布

平均分子量10,000と言っても、その中に分子量が5,000のものや100,000ものが、

多数混在していては平均分子量10,000の性質が出現しません。

そのため、狭い分子量分布であることが重要です。

この分子量分布にはPDIという指標が用いられます。

PDIはMw(重量平均分子量)をMn(数平均分子量)で割ったものです。

PDI=Mw/Mn

1に近いほど分子量分布が狭く、性質が整っていると言えます。